【徹底解説】髪が緑色になった!!!その理由は!?

前回ブリーチにパープルのカラーをのせたNさん。

今年は、ダメージレスなブリーチが流行り、

ハイトーンカラーやインナーカラー・ポイントカラーに挑戦する人が増えたような気がします!

先日のグリーンに続き また個性のあるカラーリングの一例を。 ※僕は個性的なカラーリングを売りにしている美容師では...

約2ヶ月後、Nさんがご来店。

パープルにしたインナーカラーの色の変化に驚きましたw

髪が緑色になった!

(緑を活かして、フィッシュボーンにしてみました)

緑、グリーンっていうよりは、、、

ペパーミントグリーン??ターコイズ??

地毛とは思えない色ですw

抜けてくると、緑っぽくなるのは想定の範囲内ですが、

この色味は予想を上回りました。

緑になった理由

以前、補色に関する記事を書きましたが

補色とは? 正反対に位置する関係の色の組合せ。 補色同士の色の組み合わせは、互いの色を引き立て合う相乗効果があり、これは「補色調和」...
実験 今回は試験管を1本の髪の毛に見立てて実験をしてみましょう。 髪の毛自体は無色透明です。 僕たちの髪の毛が黒いのはメラ...

絵の具でイメージすると、

黄色と青を混ぜると・・・

『緑』

前回、Nさんはブリーチ毛(黄色)に青味の強めの青紫っぽいパープルにしました。

髪色のイメージ図

染めたては、(ブリーチした金髪)黄色ベースに青の色素が加わります。

前回、鮮やかな濃いマニキュアのような(塩基性カラー)カラートリートメントを使いました。

日々のシャンプーなどでカラー剤の色素が抜けていき

青味が薄くなっていくと

ベースの黄色と残った青で緑っぽくなります。

ブリーチ毛に青味のあるカラーやアッシュ系の色を染めると

染めて間も無く色素が濃く入っている場合やカラーの調合で補色を加えている場合は

緑になることは避けられますが、

退色時は

このように必然的に緑っぽくなります。

カラー剤の配合比率のちょっとした読み違いによって

ブリーチ毛をアッシュ系に染めようとしたら、緑になった・・・

もあるあるです。

まとめ

緑色になった理由は、黄色と青の関係によるものです。

ただこんな感じになるとは予想外っ!

個性的なカラーが好きなNさんはこれも気に入っていただけているようで何より!

ちなみに

金髪をイメージする色味にちゃんと染めたいときは、紫の補色を加えたりします。

豆知識でした。

いやー目立つW

The following two tabs change content below.

平尾 勇介

ownercoyoi
原宿、渋谷を経て、 2018.05.01 吉祥寺に【少人数制完全マンツーマン】【コーラ(瓶)が飲める】美容室『coyoi』をOPEN。他エリアでの活動も継続。 ブリーチを使わない「低ダメージ・高発色・高透明感アッシュ系カラー」と「高濃度アッシュ系地毛戻しカラー」がオススメ。 ストリートアート・カルチャー/写真/旅行/お風呂が好き。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする