【保存版】ヘアカラーの知識 〜補色編〜

補色とは?

正反対に位置する関係の色の組合せ。

補色同士の色の組み合わせは、互いの色を引き立て合う相乗効果があり、これは「補色調和」といわれる。

引用:Wikipedia

んー、よくわからないわ。。。
例えば、ブリーチ毛(黄色の髪)の人がムラサキシャンプーを使うと黄色の反対に当たる紫の色素が、黄色味を抑えてくれるんです!


これがムラサキシャンプー!通称ムラシャン!
すごい色のシャンプーね!

僕たちの生活の中にも補色の効果は使われていて、

病院などの外科手術室では、内装や手術着を薄い緑色にすることで、赤(血液の色)の残像である緑色を消去することが可能となる。

逆の例では、牛乳パックの白を基調としたパッケージに青色を用いることで、青の残像であるクリーム色が現出。「濃い牛乳」というイメージを消費者に与えることが可能となる。

引用: Wikipedia

自分の髪の特徴を知ろう!

美容室でカラーをして、数週間後。

「色が抜けてきたなー、、」

っとその時!髪色はどうなっていますか?

地毛が黒髪の日本人の場合

  1. 赤味が出るケース。(6トーン〜9トーンくらいの明るさ)
  2. オレンジ味が出るケース。(9トーン〜12トーンくらいの明るさ)
  3. 黄色に抜けるケース。(12トーン以上くらいの明るさ)

のいずれかに該当するのではないでしょうか?

美容師はカラーリングをする際、

希望の色味+今の髪色の補色=仕上がりの髪色

を考えてカラー剤を調合します。

「市販のカラー剤で染めたら、思った通りの色にならなかった。。。」

この原因は、髪の状態に合わせて色を作れないことが大きく関わっています。

解決方法!

赤味の出る方の場合

赤の補色は緑。

ヘアカラーでいうとマットやオリーブと評される色です。

オレンジ味が出る方の場合

オレンジの補色は青。

ヘアカラーでいうとアッシュやブルージュと評される色です。

黄色に抜ける方の場合

黄色の補色は紫。

ヘアカラーでいうとヴァイオレッドやラベンダーと評される色です。

このような補色の効果を応用した色味で染める、もしくは足して染めることでイメージに近づけたり、抜ける時の色味までをコントロールします。

まとめ

透明感のあるカラー、外国人風、ブリーチカラーなどはもちろん

色味や明るさ問わず、カラーリング全般でこの補色の効果はとても大切です。

料理で出汁や隠し味やスパイスを効かせるように、少しのレシピの違いが仕上がりを大きく変えます。

最後に

抜けづらい、もしくは抜けても綺麗なカラーを目指す方は

一定期間、同じカラーリングを続けることを僕は推奨しています。

ご相談ください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする