【ここがヘンだよ日本人】地毛が明るい生徒は黒染めしなければいけない?

学校現場で頭髪指導の在り方が問題になる中、頭髪が生まれつき茶色い東京都内の20代 - Yahoo!ニュース(毎日新聞)

度々ネットニュースで見る

地毛が明るい生徒に対する黒髪問題。

強制的に黒髪に染めるよう指導する事例もあるそうで。

学校、就活、職場の規則というだけで憤りを感じる人も少なくはないはず。

何でしょうかね。この黒髪ルール。

そもそもこの方は地毛なワケですからね。

僕自身、地毛が明るいです。

ヒゲをご覧ください。

僕はヒゲが何故か左右で色が違うのです。染めていません。

天然記念物です。 特異体質です。

頭髪も同じく特に左側の色素が薄く、もみあげ付近は金髪です。(頭髪は何故か年齢と共に黒髪っぽくなってきましたが。)

中学時代はガラの悪い先輩に染めてると因縁つけられました。

高校入学時には「地毛証明書」なるものを提出させられました。

僕の場合は、学校の先生たちの理解がありましたし、美容の道に進んだので全く困ったことはありませんでしたが、

このニュースをみて理不尽さを感じずに入られません。

本質は一体何なのでしょうか?

確かに学生生活や社会において、ルールや規律は必要でしょうが。

単一民族思想に感じてしまいます。

どこのどんな偉い方が判断を下すのかはわかりませんが、

髪を黒く染める。

髪を染める行為は少なからず髪を傷めているんです。

いくら黒く染めても傷んだ髪はいずれ色が抜けて、明るくなってしまうんです。

さらに黒く染めたとします。さらに髪は痛みます。さらに色は抜けてします。

永遠負のループです。

生徒が「お金がないから」と、仮に自分で染めたらどうでしょう。

市販のカラー剤は強いダメージを髪に与えます。

持って生まれたもの。それは個性です。

どこの誰だか、どんな偉い方だか、存じ上げませんが判断を下す方にお届けします。

聞いてください。

ザ・ブルーハーツで『青空』

世の認識が変わるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする