校則が厳しい女子高生の髪を黒染めじゃなくて暗染めで染める!その2

約1ヶ月前、当ブログを見てLINEしてくれて、ご来店してくれたKさん。

黒染め・暗髪の関連記事を見たという方から ちょこちょこLINEでお問い合わせがあります。 とても嬉しいですね! し...

学校はカラー禁止&バイトも明るすぎるとダメという状況下で

高校生だったら、夏休みは明るいカラーにしたい!ってなりますよねー

前回は1ヶ月前、夏休み明け学校がはじまる前に1回目の暗髪。

そして

「色が抜けて明るくなってきた」とご連絡いただき、

今回2度目の暗髪カラー!

先生に生徒指導で怒られる前に、髪色落ち着かせましょう!

ビフォー

ベースがブリーチ毛のKさん。

結構明るく抜けています。(ブリーチ毛なので特に)

前回染める前と比べると

(前回、染める前)

抜けてもトーンが少し暗めになりましたね。

この調子で色を育てましょう!

カラーリングは筋トレと同じ。 計画的に理想に向かって、 「構築していく」「育てていく」 僕たち美容師は、綺麗な髪になる...

黒染めではないので

暗髪は平均3回ほど続けて染めて、定着を図るのがオススメです!

そうすることで、

暗いけど、透明感のある、赤味の出づらい色味になり

仮に明るくしたくなった時に邪魔をしない、でも色持ちのいいカラーを実現させます!

今日のレシピ

前回のレシピは

アッシュ(5トーン):マット(5トーン):ブルー(アクセントカラー):グレー(アクセントカラー)

今回は、この1ヶ月の抜け具合と色の残り具合から前回とちょっと配合を変えます。

(前回よりも染め上がりを暗く設定します)

そして、ご要望がっ!

Kさん
抜けていく途中、髪がちょっと緑っぽくなった!今回は緑になるのは避けたいっ!

なるほど!(その理由は・・・)

前回ブリーチにパープルのカラーをのせたNさん。 今年は、ダメージレスなブリーチが流行り、 ハイトーンカラーやインナーカラ...

それらを踏まえ、今回は前回のレシピに

アッシュブラウン(5トーン)とパープル(アクセントカラー)を少し足して配合します。

アッシュブラウンは本来、白髪染めですが、

退色が早い場合は(今回のようなブリーチ毛のトーンダウン時など)、白髪染め少量加えることにより、色持ちを良くしてくれます。(入れすぎると透明感がなくなるので絶妙な割合で)

アフター

完成!!!

これで注意されないでしょう!

前回と仕上がりを比べると

(前回の仕上がり)

写真だとわかりづらいっー

光に透かすと

グレーっぽい感じ!

次は1ヶ月半後くらいに染めるのがオススメです!

これで学校もバイトも大丈夫かなー!?

ありがとうございましたー!

余談

高校生のKさん。

僕もそうでしたが、学生の頃は自分で染めて、黒染めしてなんてことを

長期休みの度に繰り返すケースは多いと思いますが、

きちんと先を考えられていて、とても素晴らしいなと感心します。

その上、ネットで調べて、たまたま僕のブログを読んで、ご連絡していただき

お住いや学校は吉祥寺から遠く、馴染みがないのにわざわざ来てくれています。

大変、光栄です。

近くに美容室は沢山あると思いますし、ホットペッパーやクーポンサイトを見たら安くできるお店は沢山ありますし、

僕の頂いている料金は、高校生からしたら安くないと思います。

美容師として大変嬉しいですね。

全力で期待に応えたいですよね。

有り難いです。

おじさんも

自分自身が何かを選ぶ基準を

見つめ直そうと思いました。

いやー、ほんと嬉しい。

The following two tabs change content below.

平尾 勇介

ownercoyoi
原宿、渋谷を経て、 2018.05.01 吉祥寺に【少人数制完全マンツーマン】【コーラ(瓶)が飲める】美容室『coyoi』をOPEN。他エリアでの活動も継続。 ブリーチを使わない「低ダメージ・高発色・高透明感アッシュ系カラー」と「高濃度アッシュ系地毛戻しカラー」がオススメ。 ストリートアート・カルチャー/写真/旅行/お風呂が好き。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする