【ジョンマスター】のニュースから改めてオーガニックを考えみる。

いつからでしょうか?オーガニックという言葉を聞くようになったのは。

オーガニック製品の市場規模はここ10年右肩上がりです。

そんな中びっくりなニュースが!!!

有機栽培の植物を使った米国発祥の化粧品ブランド「ジョンマスターオーガニック」が、国内で販売している全商品の4割にあたる38商品121万個を自主回収していることが3日、わかった。「植物由来100%」を売りにしていたが、実際にはシリコーンなどの化合物が入っていた。健康被害の報告はないという。

引用元:朝日新聞デジタル

ジョ、ジョンマスターが。。。

製品の自主回収に関するお詫びとお知らせ|john masters organics

成分虚偽??

リコールというやつです。

現在製品ラベルの補正を行い、製品回収などの対応を進めております。

商品を回収して、

中身はそのまま、ラベル表示を訂正して商品交換しますよー

ということらしい。。。

んー???

この騒動はあくまで内容成分の虚偽表示が問題ですが、、、

そもそもオーガニックって?

オーガニックとは?

オーガニック【organic】

 有機栽培、有機農業。また、その農産物。広く、畜産品を含めた生産物。
日本では農林水産省が認定をしており、有機JAS規格を満たす農産物・畜産物、加工食品のみ認められています。
オーガニック=無農薬。ではありません(決められた農薬(31種類)であれば使用を許可されています。)

コスメなどはこれには該当せず、日本にはオーガニックコスメの規格を定める認定機関はありません

(世界にはヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなど沢山の国や地域でそれぞれの規定のオーガニック認定機関があり、厳しい規定が定められています。)

日本においては、植物由来の原料を1%でも配合していれば、オーガニックです。

髪に使うものでも、

シャンプー剤、スタイリング剤をはじめカラー剤などありますが、

100%オーガニックでない限り

化学成分、アルコール、界面活性剤などは少なからず入っております。

海外規定の厳しい基準をクリアしたオーガニックもあれば、

メーカー独自の基準で作られたオーガニックもあるわけです。

オーガニック=肌に優しい。

オーガニック=無添加。

オーガニック=安全。

というわけではありません。

いつもカラーがしみる方は合わせてこちらもどうぞ

東京都渋谷区・青山で美容室・美容院をお探しなら、CONO hair(コノヘアー)。こちらでスタッフのオフィシャルブログをご覧になれ、雑誌掲載情報やスタッフの日常を知ることができます。渋谷駅より徒歩9分。

まとめ

言葉に惑わされずに、どのような成分が使われているのか?何が自分にとっていいモノなのか?

正しい知識で把握した上でオーガニックを上手に取り入れていきたいものですね。

肌の弱い方、髪のお悩みがある方は特に。

鉱物油にしてもシリコンにしても色々と良い悪い言われますが、

正しい情報を選別したいものです。

美容師はやっぱりケミカル(化学)が詳しくないと、オーガニックも詳しくなれませんし、

良いも悪いも正しく判断できませんね。。。

でも、

表示成分と中身が違ったらどうしようもないですがねwww

僕はオーガニック好きです。

ご参考に。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする