【実録】赤味、オレンジ味、黄色味を抑えた寒色系カラーに染めてみた。

赤味を抑える。オレンジ味を抑える。黄色味を抑える。

寒色系のカラーリングではとても大事なポイントです。

補色とは? 正反対に位置する関係の色の組合せ。 補色同士の色の組み合わせは、互いの色を引き立て合う相乗効果があり、これは「補色調和」...

僕が担当させていただいている方の多くが寒色系(アッシュ、オリーブ、グレーなど)のオーダーなので、使う薬剤も90%寒色系デス。

ここ2年くらいは【青】を濃く深く入れるカラーが僕レシピの鉄板です。

最近たまたま3人の方に全く同じカラーの配合で染めたので見比べてみました。

カラーレシピ【アッシュ7トーン+オリーブ7トーン+ブルー】

(オレンジ味の強い髪のモデルさんに)

(赤味の強い髪のモデルさんに)

(黄色味の髪のモデルさんに)

ブルーを濃く深くしっかり入れるので、

赤味、オレンジ味、黄色味

どれにでも同じ調合比でいい感じに染まります。

落ち着いたトーンだけど、光に当たると透け感の出るカラーです。

ご注文お待ちしてますー

追記:約2週間でこんな感じに色が抜けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする