【ヘアドネーション】髪の毛を寄付することで救われる人がいる

ヘアドネーション

頭皮・頭髪に関わる何らかの病気が原因で髪の毛を失い、ウィッグを必要としている子ども達に、医療用ウィッグの原料となる毛髪を間接的に提供すること。
寄付された髪の毛は、当団体によって選別・加工の工程を繰り返したのち、ウィッグとして生まれ変わり、レシピエントの元に届けられています。

出典:JHD&C

近年では認知度も高まりましたね。

ヘアドネーションの為に髪を切りたい!」と1年に最低1人は切らせていただくことがあります。

ヘアドネーションの条件

・31センチ以上の長さがある

(ただし、31センチ以下の髪の毛も、31センチに満たない場合も、無駄になることはありません。)

・引っ張ると切れてしまうほどにダメージがなければ大丈夫

パーマ、カラー、ブリーチをしていてもOK!)

・くせ毛などの髪質、年齢、性別、国籍などは問いません

・完全に乾いた髪の毛

(湿っている髪の毛は、カビや雑菌が繁殖する可能性があります。他の方の毛束にも影響する恐れがありますので、完全に乾燥した状態でお送りください。)

出典:JHD&C 

実例

ヘアドネーションをするためにずっと髪を伸ばしていたSさん。

普段からボランティア活動や慈善事業をされていて、

人生何回ヘアドネーションできるかチャレンジしたい!」

というとてつもなく素晴らしい方です。

1.まず、ゴムで結びます。

2.切ります。バサっと。

3.そして、希望のヘアスタイルにカット!

スッキリです!(今回は切りっぱなしの外ハネボブに)

髪を切って寄付することで、救われる人がいます。

素敵な取り組みです。

お気軽にご相談ください。是非ともご協力させてください。

ヘアドネーションの詳細はコチラ

私たちJAPAN HAIR DONATION & CHARITY(ジャーダック)は、一般のレシピエント(wigを受け取る方)からヘアドネーション(髪の毛寄付)や寄付の受付けを開始した日本初の団体であり、それらのご寄付により医療用フルオーダーウィッグ『Onewig』を制作し、無償提供を行っているNPO法人です。

ヘアドネーションに寄付した芸能人

芸能人の方がヘアドネーションをすることで、SNSやブログを通して一気に世間の認知度が上がりました。

僕の記憶が正しければ、水野美紀さんが一番最初だったのでは?と。

The following two tabs change content below.

平尾 勇介

ownercoyoi
原宿、渋谷(青山)を経て、 2018年5月に吉祥寺で【少人数制】【完全マンツーマン】の美容室 『coyoi』をOPEN。吉祥寺初心者。渋谷エリアでの活動も継続。 ヘアカラーが好き。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする