画像・写真編集「Photoshop」「 Lightroom」の代わりにフリーソフトを使ってみた

画像、写真の編集ソフトの王道といえば、

Adobe「Photoshop」「 Lightroom」

スタイル写真を自分でデジカメを使って撮って、

PCソフトを使って写真編集をするまでもが、もはや当たり前となった美容師

(iPhoneで撮って、アプリで加工でも充分イケてる写真になりますが)

その流れで写真の知識を構築して、フォトグラファーやフォトセミナーをやっちゃう美容師さんも当たり前になっているから、みんなスゴイです。

Creative Cloud フォトグラフィプランを契約すれば、月額980円で「Photoshop」「 Lightroom」を利用できますが、

今回コストのかからない代用できるフリーソフトを試してみます!(僕飽き性だし)

とりあえず今回は難しいこと抜きにしてシンプルに触ってみます。

【写真編集】Lightroom→「Raw Therapee」

「Raw Therapee公式ダウンロードサイト」

RAW(生データ)現像ソフト。

色味や階調など細かく設定、編集できます。

メイン編集画面。

RAWデータを取り込むとこんな感じです。

無料とは思えないスペックです。

(上の画像は露光補正中。)

シャープ化ツール

ホワイトバランスツール

写真編集に必要なものは全て揃っています。

【画像編集】Photoshop→「GIMP」

GIMPは、Photoshopに負けないくらいのスペックで有名人気のフリーソフトです。

日本語版もあります。

「GIMP公式ダウンロードサイト」

メイン編集画面

こちらも無料とは思えない多機能性。

ポートレートに使いそうな機能2つを試しにいじってみます。

ニキビ、シミ、赤味を消して肌質と肌色を綺麗に修正

写真のモデルさんはお肌すんごく綺麗だから必要ないけど。

1.スポイトで消したい部分の周りの色を吸い取ります。

2.ブラシを選んで、吸い取った色を消したい部分にのせてなじませます。(エアブラシ使用)

顔や体をスリムに補正する。

写真のモデルさんはすんごくカワイイから必要ないけど。

1.フィルター変形対話的歪め

を選択します。

2.カーソルを合わせて、縮めたり伸ばしたりします。

まとめ

「GIMP」「Raw Therapee」どちらも無料でここまでできるのか!

と驚くスペック、高い機能性です。

どうやらGIMPとRaw Therapeeの2つは相互性があるようなので、

しばらく使い倒してみたいと思います。

The following two tabs change content below.

平尾 勇介

ownercoyoi
原宿、渋谷を経て、 2018.05.01 吉祥寺に【少人数制完全マンツーマン】【コーラ(瓶)が飲める】美容室『coyoi』をOPEN。他エリアでの活動も継続。 ブリーチを使わない「低ダメージ・高発色・高透明感アッシュ系カラー」と「高濃度アッシュ系地毛戻しカラー」がオススメ。 ストリートアート・カルチャー/写真/旅行/お風呂が好き。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする