【大事なお知らせ!】平尾、お店はじめるってよ

えー、

突然ですが、私、平尾 勇介 は、

2018年4月(予定)に独立致します。

高校時代からの友人と2人で立ち上げます。

栃木の田舎から上京して15年。

紆余曲折ありましたが、

ようやく、なんとかスタート地点に立てそうです。

『coyoi』

(コヨイ)

サロン名であり、

コンビ名であり、

事業のプロジェクト名です。

創業に伴い、ウェブサイト『coyoi.tokyo』を立ち上げましたので、

進捗状況等こちらもご覧いただければと思います。

さて、ここまでは他のコンテンツに書いたことと同じ内容でしたが、ここは個人ブログなのでもう少しお付き合いを

現在、美容室の数は約24万件、加えて、倒産する美容室は過去ワーストに増えております。

帝国データバンクは2017年の理美容業の倒産が前年比17・1%増の151件と、07年以降で最多だったとする調査結果をまとめた。負債5000万円未満の小規模倒産が9割超を占める。大手との競争激化で中小

さらに美容師のフリーランス化の波。

今後、間違いなく、より一層、増えることでしょう。

美容業のあり方は、もっともっと多様化していくことでしょう。

働き方が多様化する中、会社に属さない「フリーランス」の人たちが働きやすい環境づくりが進んでいる。フリーランスの中には、子供を育てながら仕事を行う主婦も増えているという。

そんな時期にお店を出すことは、

時代を逆行するかたちになるのかもしれません。

そして僕たち『coyoi』は美容師2人の共同経営です。

共同経営は上手くいかない。とよく言われます。

諸先輩方に心配や反対もされることが多いですし、

事実、僕の周りの共同経営で事業をはじめた先輩方の約9割は、解散していますし、

僕たちは特別だ、大丈夫だ

なんて、微塵も思いませんし、危機感もなくはないです。

ただ、

漠然と思い描いていたことが、形にできそうな時期になり

やるなら今かな、というタイミングと

僕を美容の道に引きづり込んだ相方とやってダメだったら、しゃーない

という気持ち

今、美容室という”ハコ” ”空間” を持つ意義とは?

やらずに後悔するより、やって後悔。

ですかね。

まあ、話せば長く、いろんな背景はありますので、

とりあえず、はじめまーす。

応援してくれる方は、どうぞ力を貸してください。

背中を押してください。

嘲笑う方は、どうぞご自由に。

『coyoi』 を何卒よろしくお願いいたします!

The following two tabs change content below.

平尾 勇介

ownercoyoi
原宿、渋谷を経て、 2018.05.01 吉祥寺に【少人数制完全マンツーマン】【コーラ(瓶)が飲める】美容室『coyoi』をOPEN。 吉祥寺初心者。渋谷エリアでの活動も継続。 ヘアカラーが好き。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする