カラーシャンプーのすすめ【カラタス】でくらべてみました

ブリーチカラーやハイトーンカラーは退色が早いのが、気になるところ。

お気に入りのカラーは誰もが長持ちさせたいものです。

色の抜けが早いのは、ブリーチカラーにおいて避けられない自然の摂理ですが、

出来るだけ持続させたい方はカラーシャンプーを使ってみましょう!

今回は人気のカラシャン『CALATAS SHAMPOO』の3色を使って実験してみます。

CALATAS SHAMPOO

シンプルかつスタイリッシュなデザインです。

今回はPr(パープル)Sv(シルバー)Pk(ピンク)の3色で試してみます。

他にBk(ブラック)の計4色と同じくカラートリートメントのラインナップがあります。

公式ホームページ:CALATAS SHAMPOO

天然由来成分と保湿成分配合でスペックの高いシャンプー剤です。

※カラーシャンプーはあくまで染めるという概念ではなく、シャンプー時に抜けるヘアカラーの色素を補色して保つものです。

実験!

ブリーチ毛をそれぞれ10分ほど漬け込んでみます。

Pr:鮮やかな紫色です。通称ムラシャンにあたるカラーです。

ホワイト系やマット系に適したシャンプーです。

Sv:一見、泥のようですね。

シルバー系やアッシュ系に適したシャンプーです。

Pk:目の冴えるピンクです。

レッド系やピンク系に適したシャンプーです。

※なおこの実験は、あくまで僕個人が行なった実験であり、
結果に関しても僕個人の主観によるものです。

効果はいかに!?

10分後

(before)

(after)

(上からPk・Sv・Pr)

色味を入れていないブリーチ毛に、ここまで色が入りました。

効果は3つとも黄色味が抑えられています。

Prは白っぽく。Svはくすみ感が。Pkは赤味が。

さらに時間を置くともっと染まるのか?

さらに10分置いてみました。

結果!

10分前よりさらに濃く入りました。

トータル20分放置。

(右から:Pr・Sv・Pk)

補色するためのシャンプーだけど、思った以上に色が入り染まりました!

Prは目視だと補色の効果で、結構白っぽいです。

Pkはオレンジっぽくなってしまうかと思いきや、ピンクです。

ヘアカラーに特化したシャンプーだけあって手触りも良くなりました。

匂いも良いです。

毎日使わなくとも、週/数回の使用で格段に持ちも変わります。

ヘアカラーの退色にお悩みのブリーチをしていない方にもオススメ!

トリートメントよりも効果的でしょう!

これは使うべき!と言い切っちゃいましょう。

CALATAS SHAMPOO Sv シルバー カラタスシャンプー250ml

新品価格
¥1,930から
(2017/11/8 16:14時点)